最新情報

教員採用試験 合格者の声を紹介します! (その1)

 今年度実施された教員採用試験の合格発表が始まっています。
嬉しい報告に来てくれた合格者の声を紹介します。

◆ 神奈川県中学校英語教員採用試験合格  木下 麻衣さん

  今回、神奈川県の教員採用試験に合格できました。
 教採対策合宿に参加させていただいたほか、学長はじめ、個人指導をいただいた先生、
 「今のままの自分を表現すれば大丈夫」と励ましていただいた職員の方々の
 きめ細かな指導や精神面でのサポートが結果につながったと思います。
 先生方や職員の皆様、さまざまに支えてくれた両親、一緒に受験に向けて頑張った仲間、
 この"自分"を成長させてくれたすべての人々に感謝しながら、
 来春のスタートに向けてさらに学び続けたいと思います。
 教師を目指す皆さんへアドバイスできるとすれば、次の2点が重要に思います。

 ① 情報収集と早めの活動
 採用試験前に参加できる学外の研修や試験、イベントはたくさんあります。
 こうしたものへの参加は、多くの学びの場であったり、面接の話題にできたりするので、
 積極的に情報を収集し、参加してみるといいと思います。
 私は、研修セミナーや教育研究会に参加したり、実際の指導場面としての
 学校ボランティアに行ったりしました。

 ② 何事も体験・経験
 人物重視といわれる教採では、面接などで語れる話題があることが大切で、
 それはコミュニケーション能力の一つとしても重要だと思いました。
 話題の引き出しを作るためにも、リフレッシュするためにも、
 休日には旅行に行ったり読書にふけったり、映画や舞台を見たり、
 友人と遊んだり語り合ったりなどしました。
 ぜひ、心の豊かさを刺激する生活をお勧めします。
 お世話になったすべての皆様に感謝します。
 本当にありがとうございました。

 

◆ 愛知県小学校教員採用試験合格  佐藤 唯さん

  LN20151008_01_01.jpg

  合格したことが分かったとき、嬉しいという気持ちとともに
 受験に向けて携わっていただいた方々への感謝の気持ちがこみ上げてきました。
 愛知県の教員採用試験は、多岐にわたる幅広い内容で、
 さまざまな視点や観点から私を評価するものでした。
 そのため、受験対策での頂上が見えることはありませんでしたが、
 試験の幅広い内容に応じて、それぞれの勉強をバランスよく続けることに
 重点を置きました。その取り組みが、この結果につながったと思います。
 また、終わりの見えない勉強に取り組んだことは、
 私の大きな力になったと思っています。

  家族や友達、先生からもらった応援で不安な気持ちや緊張は随分と和らぎました。
 支えとなってくださった方々に対する感謝の気持ちで心がいっぱいです。
 本当にありがとうございました。

 

 ◇ 教職センターのページは ( こちらをクリック )からお進み下さい。