科目名

教育相談

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・教育相談の意義について説明することができる。

・自己・他者理解及びその交互作用をカウンセリング技法から学び、用いることができる

・基礎・基本的な教育相談の実践を行うことができる

科目概要

 今日の学校教育臨床では、教師相互はもとより、保護者やスクールカウンセラーをはじめとする専門家・地域の人々との関わり合いを通して生徒の成長を育み、指導、援助していくことが求められている。この授業では、まず学校教育相談における予防的、開発的、治療的教育相談について概説した上で、カウンセリングの理論、技法を学ぶ。さらに、いじめ、不登校等のいわゆる不適応事象のみでなく、日常的な学校教育場面での学習、心理社会、進路、健康に関わる事象に関する事例やスクールカウンセラーとの連携、チーム援助活動の実際例を通して、教師に求められるカウンセリングを生かした学校教育相談活動について理解する。また、そのために必要とされるチーム援助の実際などを体験的に学びながら実践力を養う。

授業計画

第1回:学校教育とカウンセリング

第2回:構成的グループ・エンカウンターと人間関係づくり

第3回:子ども・保護者理解とカウンセリング・マインド

第4回:カウンセリングの基礎を学ぶ「受容・共感・自己一致」

第5回:予防・開発的学校教育相談と治療的教育相談

第6回:指導と援助について(傾聴の大切さ)

第7回:生徒・保護者とのかかわりとカウンセリングの技法1−「聞く」と「聴く」−

第8回:生徒・保護者とのかかわりとカウンセリングの技法2−「聴く」と「訊く」−

第9回:ブリーフ・セラピーの活用

10回:学校内外での連携と協働

11回:コンサルテーションとコーディネーション

12回:教育臨床場面でのチーム支援の実際

13回:日米のスクールカウンセリング活動の相違

14回:教師とスクールカウンセラーの関係

15回:まとめ

備考

教職科目