科目名

生徒・進路指導論

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・生徒指導の意義・目的が説明できる。

・生徒指導と進路指導・キャリア教育を関係つけられる。

・生徒指導の個に応じた対応から協働・連携による援助の実践的方法を活用できる。

科目概要

 生徒指導は、ややもすると生徒のいわゆる問題行動や良くない態度に焦点が置かれがちだが、本来はひとりひとりの良さ、可能性を発見し、豊かな自己実現を図ることを目指す「生き方の教育」に通じるものである。したがって、教科学習指導や生徒の生活上生じる様々な不適応行動への対応、支援だけでなく生徒たちが豊かな個性を発揮し、自立していくプロセスを援助することが求められる。この授業では、こうした生徒指導の意義を整理し、その観点から生徒のみならず保護者の理解や家庭、地域、専門機関とのつながり、関わりを通じた指導、援助の方法について理解を深めながら、生徒の「生き方の教育」としての生徒指導について、基礎的、実践的な力量を養うことを目指す。

授業概要

第1回:はじめに ― 「生徒指導」を振り返る ―

第2回:生徒・進路指導の意義と役割

第3回:生徒・進路指導の諸課題と対応

第4回:生徒理解の重要性と意義

第5回:生徒理解の方法

第6回:個別指導と集団指導

第7回:担任と相談活動

第8回:生徒指導と進路指導・キャリア教育

第9回:特別支援教育と生徒指導

10回:不登校の理論と実際

11回:いじめの理論と実際

12回:生徒・進路指導における協働・連携の実際@−教師集団の組織化と活性化−

13回:生徒・進路指導における協働・連携の実際A−保護者、地域、専門機関とのかかわり−

14回:生徒・進路指導における協働・連携の実際A−チーム援助活動の方法と実際−

15回:まとめ

備考

教職科目