科目名

教職実践演習(幼・小・中)

授業形態

演習

単位数

配当年次

到達目標

・教職や学級経営の意義を理解し、望ましい教職像や学級経営像を明確に持つことができる。
・学級経営案や教科・保育内容の指導案を適切に書き、授業を実施できる。
・子ども理解を深め、教職に携わるにふさわしい社会性や対人関係能力を備える。

科目概要

これまでに履修した学修を踏まえて自己診断し、教職に向けた実践的反省的取り組みを行う。教職の意義や学級経営、教科や保育内容の指導、子ども理解などの諸側面について、ロールプレイやグループ討論等の実践的な方法でアプローチすることによって、人間的能力と専門的力量を高める。

授業計画

第1回  オリエンテーションと自己診断
第2回  教職の意義や教員の役割についてのグループ討論
第3回  教員経験者をゲスト講師に招いての講話と研修
第4回  学校現地調査
第5回  学級経営の事例研究
第6回  学級経営案の作成と発表、グループ討論
第7回  教科や保育内容指導案の作成(グループ学習)
第8回  模擬授業の実施とロールプレイ@(教科指導)
第9回  模擬授業の実施とロールプレイA(特別活動)
第10回 模擬授業の実施とロールプレイB(道徳教育)
第11回 教員経験者による評価とアドバイス
第12回 子ども理解と特別支援教育
第13回 特別支援教育の方法を通常クラスに活かす方法
第14回 生徒・進路指導についてのグループ討論
第15回 学生相互評価と自己点検

備考

教職科目