科目名

コンピュータ演習

授業形態

演習

単位数

配当年次

到達目標

・さまざまなソフトウェアを複合的に利用し、データを有機的に連携させることができるようにする。
・初めて使用するソフトウェアや機能を、自ら学んで使いこなすことができるようにする。

科目概要

この授業では、学生は与えられたいくつかの課題を達成するために、ソフトウェア的「実験」を行い、その実験レポートを提出する。また、ソフトウェア的「実験」の計画・実施・検討を行う過程で、問題解決の手法を学習する。担当教員は、学生自らが行う「実験」についてヒントを与え、助言を行うことによって、問題解決の手助けを行う。

備考