科目名

日本語表現法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・社会生活に必要な日本語運用能力を習得する。
・待遇表現、敬語法、社会生活における口頭表現と記述表現、日本語の文化的背景など、個別的課題に則した日本語表現の実際的技能を修得する。

科目概要

現代社会における、発信者と受信者との関係性を想定した日本語表現のあり方に焦点を当て、さまざまな日本語の用法を習得する。具体的には、文章表現と口頭表現との違い、待遇表現の概念、敬語の特質と用法、社会生活における自己表現、日本語文化の実際などである。企業をはじめとする組織社会で円滑な人間関係を構築するとともに、そうした社会で必要となる日本語表現の理論的理解と、実践的習得を行う。

備考