科目名

生徒・進路指導論

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・「生徒指導」の目的と組織的方法論について理解する。
・「進路指導」の目的と方法について理解する。

科目概要

現在の学校においては、校内暴力やいじめ問題、青少年の非行や自殺、不登校や引きこもり、薬物乱用等が問題となっている。このような問題の解決において、生徒指導は指導する側の技術・組織体制にかかわり、進路指導は児童生徒のキャリア・デザイン能力育成にかかわって、学校が本来的な機能を果たすための2つの大きな理念的な柱となっている。生徒指導に関する実情を明らかにするとともに、現実に子どもたちの中で起こっている問題行動やその背景にどんな事情があるのか検討し、生徒指導・進路指導のあり方・可能性を探る。

授業計画

第1回:被生徒指導経験をふりかえる−あなたにとって「生徒指導」とは何であったか−
第2回:「生徒指導」の必要性1−「生徒指導」の法的根拠および意味論的根拠−
第3回: ケーススタディ1(中学校)
第4回: ケーススタディ2(小学校)
第5回: 「不登校」の現実−あなたにとって「不登校」とは何であったか−
第6回: ディベート−不登校「問題」は存在するか−
第7回: ケーススタディ1(中学校)
第8回: ケーススタディ2(小学校)
第9回: 「生徒指導」の組織論1−集団づくり・学校づくり(小学校)−
第10回: 「生徒指導」の組織論2−集団づくり・学校づくり(中学校)−
第11回: 職業観・勤労観と教育
第12回: 「進路指導・キャリア教育」の必要性と可能性
第13回:小・中学校9年間の「進路指導・キャリア教育」到達目標
第14回:まとめ−「学校で教育すること」の可能性を考える−
第15回:筆記試験

備考

教職科目