科目名

造形表現指導法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・幼稚園教育要領に示された領域の目標とねらい及び内容を理解し、幼児の実態に応じた造形表現活動を指導するために必要な教材化の視点と具体的な支援方法を身につける。
・造形表現活動および模擬保育を通して、保育における子どもの見取りや評価、支援の実践力を身につける。
・上記の内容について、保育実践を想定して、保育案(題材設定の理由、目標の設定、計画、環境構成と準備物、子どもの活動、保育者の援助上の留意点など)に具体化できる力を身につける。

科目概要

「幼稚園教育要領」には、幼児の主体的な活動を促すことがあげられている。保育における乳幼児の表現活動の姿をビデオ等資料により観察しながら、実際の具体的な援助方法を探る。乳幼児の表現における発達過程、遊びの考察、コミュニケーションとして遊びについても考える。また保育案を多数紹介しながら、追体験して表現する感覚をつかむ。実際に子どもと接する時に役に立つ絵画と造形教材を使って子どもの感性を育て、イメージを広げるための援助方法を考える。

授業計画

第1回:保育指針や教育要領における表現、造形表現の意味について
第2回:子どもの造形表現の育ち(発達過程)の特性について
第3回:実践事例をもとにした保育の構成要素について1−子どもと保育者の立場から−
第4回:実践事例をもとにした保育の構成要素について2−子どもの特性から−
第5回:実践事例をもとにした保育の構成要素について3−環境設定から−
第6回:材料・用具、技法の特性を生かした保育と実際
第7回:平面表現を主にした保育と実際1
第8回:平面表現を主にした保育と実際2
第9回:平面表現を主にした保育と実際3
第10回:立体表現を主にした保育と実際1
第11回:立体表現を主にした保育と実際2
第12回:立体表現に主にした保育と実際3
第13回:みること(鑑賞)を主にした保育と実際
第14回:共同製作や壁面構成の工夫
第15回:ふりかえりとまとめ

参考書

幼稚園教育要領

備考

教職科目・保育士科目(必修)