科目名

言語指導法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

乳幼児期の言葉の発達過程を学び、保育者として子どものことばに耳をすませ、思いを汲み取る感性を持ち、豊かな言葉の保育環境をデザインできる知識と実践力とを身に付けることが目標である。

科目概要

乳幼児期の子どもの発達と言葉の習得過程について理解を深める。子どもは周囲の人から無数に投げかけられる言葉の中で自我を形成する。それは、子ども自身が自分の言葉をつむぎだす能動的な活動であり、言葉の音声、意味、イメージ、表現に含まれた感情などを習得していく。子どもたちが豊かな言葉の世界を切り拓いていくためにはどうしたらよいのだろうか。「幼稚園教育要領」にもとづき、劇や紙芝居の朗読、ストーリーテリングなど言語教材の実演を通して、保育者としてどのように子どもの心や言葉を育てていけば良いかを考える。

授業計画

第1回:ことばと生活 ・生活の中での言葉の働き(子どもとことば・ことばの役割)
第2回:ことばの教育 ・保育所保育指針「言葉」の領域のねらいと内容及び幼稚園教育要領との整合性について
第3回:ことばの教育 ・幼稚園教育要領「言葉」の領域のねらいと内容
第4回:乳幼児期の言葉の発達と保育者のかかわり ・言語発達の基盤づくり(誕生〜1歳3ヶ月頃)
第5回:乳幼児期の言葉の発達と保育者のかかわり ・めざましい言語発達と自我のめばえ(1歳3ヶ月頃〜2歳児)
第6回:乳幼児期の言葉の発達と保育者のかかわり ・0〜2歳児が楽しむ児童文化財(ことば遊び・ふれあい遊びの実際、絵本の読み方・与え方)
第7回:乳幼児期の言葉の発達と保育者のかかわり ・3歳児のことばの獲得とこころの育ち
第8回:乳幼児期の言葉の発達と保育者のかかわり ・幼児後期(4〜6歳児)のことば(自主性と自律性の育ち)
第9回:ことばを育てる ・ストーリーテリング(語り・お話・素話)の実際
第10回:ことばを育てる ・ことばの育ちに役立つ教材づくり
第11回:保育者の声とことば ・言語環境としての保育者の役割
第12回:思考力を育てることば ・話し言葉から文字(書き)言葉へ
第13回:指導計画の考え方と作成のポイント
第14回:実践交流 ・絵本、ストーリーテリング、製作教材での実践
第15回:期末試験とまとめ

参考書

幼稚園教育要領

備考

教職科目・保育士科目(必修)