科目名

健康指導法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・「保育内容」とは保育の目標を達成するために展開される全ての内容を意味するものであることを理解する。
・領域別(健康・人間関係・環境・言葉・表現)の教科の学びとともに、それらを総合的にとらえる視点を養い、保育の全体構造の理解に基づいて、子どもの理解や保育方法について学ぶ。
・保育者として、発達過程に即して子どもを理解することと、総合的に指導・援助が行えるように実践的な力を習得する。

科目概要

はじめに健康の概念を明らかにし、幼児期の健康について、「幼稚園教育要領」の「健康」の領域に基づき、その意義やねらい、内容をいかに具体化していくかについて学ぶ。幼児が身につけることが望まれる、健康で安全な生活に必要な基本的な習慣や生活リズム、心身の健康に関する考え方について理解するとともに、それらの事項を身に付けさせるために必要な援助や指導の方法を習得する。幼児の主体的活動である充実した遊びは健全な食欲・熟睡・情緒の安定をもたらし、健康は遊びの土台になるという連関の中に幼児の成長発達が成し遂げられていくことを理解する。年齢に応じた遊び方、保育と安全教育について、保育の現場での事例研究に基づいて学ぶ。

授業計画

第1回:オリエンテーション 健康の定義  幼稚園教育要領の領域「健康」について
第2回:生命の大切さを理解し、出生までの胎児期の発生について理解する
第3回:子どもの体と健康;形態、運動能力、生理機能の発達
第4回:生活習慣と関連動作の発達
第5回:子どもの心と健康;情緒やパーソナリティ、知的能力の発達と運動能力
第6回:子どもにとってのあそびの意義 子どもと運動あそび;運動あそびと保育者の関わり
第7回:子どもと運動あそび;いろいろな遊具のあそびと指導
第8回:子どもと運動あそび;ゲーム的あそびと指導
第9回:自然とのふれあいと健康;戸外での遊びと留意点
第10回:子どもに多い病気 「学校保健法」について
第11回:子どもの病気と応急処置
第12回:起こりやすい事故と安全指導
第13回:心肺蘇生法
第14回:障害を持った子どもの基本的習慣の獲得と指導・援助
第15回:子どもの健康と関連した行事;運動会、調理活動などの健康における位置づけ

参考書

幼稚園教育要領

備考

教職科目・保育士科目(必修)