科目名

環境指導法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・保育現場で必要とされる環境構成についての概要を学び、実践例を通して学びを深めることで保育者としての視座を養う。
・保育における環境領域についての基本を理解し、人的環境として大切な保育者の役割を理解し、自身が目標とする保育者像がイメージできるようになる。

科目概要

環境は大きく「自然環境」と「社会環境」に分けられる。幼児の発達を踏まえた環境を構成するための「構成要素」と環境の中で求められる「保育者」の役割と意義を理解する。「幼稚園教育要領」を踏まえて、身の回りの自然環境の観察、保育室、園庭における環境づくりのシミュレーションをする。自然環境を仲立ちに子どもと接するためには、保育者自らが自然に対する感性を養い、子どもといかにそれを共有するかという課題を考えたい。また遊びなどを通した環境についても学ぶ。そして、幼児の発達と生活に即した環境構成のあり方を考えたい。

授業計画

第1回:幼稚園教育要領と幼稚園教育の基本
第2回:幼稚園教育要領と領域「環境」
第3回:幼児の身近な自然環境(季節・植物)
第4回:幼児の身近な自然環境(動物)
第5回:幼児の身近な環境(園庭)
第6回:子どもと大人との関係(0歳児)
第7回:子どもと大人との関係(1、2歳児)
第8回:幼児の身近な社会環境(保育室の環境設定−3歳児)
第9回:幼児の身近な社会環境(保育室の環境設定−4、5歳児)
第10回:保育者の姿勢
第11回:子どもの生活世界と環境
第12回:小学校の生活科との連携
第13回:環境の指導計画
第14回:環境と安全教育
第15回:試験

参考書

幼稚園教育要領

備考

教職科目・保育士科目(必修)