科目名

人間関係指導法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

乳幼児の発達過程と人間関係の育ちを学ぶことを通して、子どもたち、保護者、同僚と豊かな人間関係を築き、子どもたちの豊かな人間関係を育てる環境をデザインする技術と実践力を養うことが目標である。

科目概要

人間関係という視点から子どもを見つめ、保育のあり方を考える。子ども同士や子どもと大人との人間関係という環境の中で子どもがどのように発達するかを理解し、保育の役割と援助を実践的に習得する。まず「人とのかかわりの発達」を0歳児、1〜2歳児、3歳児、4〜5歳児に区分して講義する。次に、人とのかかわりを育てる保育の実践はどうあるべきかを「幼稚園教育要領」を基本にして、学習する。そして、保育者の役割と援助のあり方を考える。さらに、子どもの生活と人とのかかわりを家庭、地域、保育所・幼稚園生活の各次元において総合的に把握する。

授業計画

第1回:「「人間関係指導法」では何を学ぶのか-幼稚園教育要領における領域「人間関係」
第2回:年齢による発達の特徴(人とのかかわりの発達-年齢を追って)
第3回:子どもの生活と人との関わり(家族を中心に)
第4回:子どもの幼稚園生活における人間関係
第5回:子どもの人間関係における保育者の役割(依存と自立、共生について)
第6回:子どもの遊びの中の人間関係
第7回:子ども相互の関わり(関わりの動機・発展)
第8回:子ども相互の関わり(関わりの感情体験)
第9回:人間関係を築く媒体としての保育環境
第10回:人との関わりから育まれるものを見る基本的姿勢、信頼関係の形成(安定感と存在感)
第11回:依存と自立・共同、自我の発達と自己発揮・自己抑制、いざこざ・葛藤
第12回:子どものコミュニケーション、イメージの共有、豊なコミュニケーションのあり方
第13回:役割、ルール・秩序について、道徳性(共感・おもいやり)を育むために
第14回:人間関係を育てる保育者のあり方、保育の両義性(個と集団)
第15回:事例研究と今後の課題

参考書

幼稚園教育要領

備考

教職科目・保育士科目(必修)