科目名

道徳教育の理論と実践

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・道徳教育の目的や構造が理解できる。
・道徳教育の実践的指導方法を習得することができる。

科目概要

道徳教育は、学校の教育活動全体を通じて行われ、道徳的な心情や判断力、実践意欲と態度などの道徳性を養うことを目的としている。このような道徳教育の理論について学ぶとともに、学習指導要領に基づいてその構造を理解し、実践方法を体験的に修得することを目的とする。特に参加型学習の方法のうち、シミュレーションやゲーム、グループ・ディスカッション等の手法を学び、学習内容を内面化するために必要な指導のあり方を検討する。

授業計画

第1回:オリエンテーション;道徳教育をふり返る
第2回:道徳とは何か、教育における道徳性の位置づけ
第3回:道徳教育の歴史
第4回:学習指導要領の変遷と道徳教育
第5回:学指導要領に見る道徳教育の構造
第6回:人権教育について
第7回:人権教育の4類型
第8回:道徳教育の手法を学ぶ;参加型学習の基本
第9回:道徳教育の手法を学ぶ;シミュレーション
第10回:道徳教育の手法を学ぶ;グループ・ディスカッション
第11回:道徳教育の手法を学ぶ;モラルジレンマ
第12回:模擬授業と指導案
第13回:模擬授業と指導案
第14回:道徳教育と教師、親、地域
第15回:まとめ

参考書

学習指導要領

備考

教職科目