科目名

体育科教育法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

学年や種目の特性を踏まえたうえで、体育授業を安全効果的に実践するための指導法および指導案の作成ができる。

科目概要

小学校児童の運動体験や運動習慣の有無は、児童の一生涯の健康維持増進にも大きな影響を与える。これらは、生活習慣病予防にも繋がることから、指導者は体育の意義とその重要性を理解し指導を実施する必要がある。よって、指導者は各学年の発育発達の特性、性差、各運動種目の特性を理解し、正しく行えるよう技術の習得・達成感および安全かつ効果的に運動を遂行できるための指導案の作成や指導法を習得することを目的とする。また、児童自身が体に興味を示し健康な体つくりの知識含め体動かすことをいとわない児童の育成をも目指す。

授業計画

第1回:本講義の目的と評価基準および学習プランについて <班分けと担当単元の決定>
1指導におけるルール確認と指導種目と指導日程決定
2学年、性別にみた体力・運動能力について
3筋・神経・循環器系の発育発達とエネルギー供給機構について
第2回:学習指導要領(体育)を理解し器械体操の指導案作成について学習 (安全指導:ケーススタデイ含):低・中・高学年
第3回: 跳び箱運動の指導法:低・中・高学年(実技)
第4回: 鉄棒運動の指導法:低・中・高学年(実技)
第5回: マット運動の指導法:低・中・高学年(実技)
第6回: 学習指導要領(体育)を理解しバスケットボールとバレーボールの指導案作成について学ぶ(安全指導:ケーススタデイ含):低・中・高学年
第7回: バスケットボーの指導法:低・中・高学年(実技)
第8回: バレーボールの指導法:低・中・高学年(実技)
第9回: 学習指導要領(体育)を理解し陸上競技の指導案作成について学ぶ (安全指導:ケーススタデイ含):低・中・高学年
第10回:陸上競技の指導:短距離とリレー(実技)
第11回:陸上競技の指導法:ハードル走(実技)
第12回:陸上競技の指導法:走り幅跳びと走り高跳び(実技)
第13回:学習指導要領(体育)を理解しダンス(体ほぐし)の指導案作成とダンス指導法を学ぶ (安全指導:ケーススタデイ含)
第14回:学年別にみた水泳指導案作成について (安全指導:ケーススタデイ含)
第15回:総括:課題抽出および質疑応答

参考書

学習指導要領

備考

教職科目