科目名

家庭科教育法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・子どもたちが主体的に生活者として自立できるように指導法や教材研究について学ぶ。
・家庭科の授業を通しての子どもへの支援、また指導と評価の一体化について理解を深める。

科目概要

本講義では、実践的、体験的な活動を通して学習することを重視している小学校家庭科において、子ども達が自分のよさや可能性を発揮しながら自己表現を目指す授業実践をいかに進めればよいかについて考察することを目的とする。特に、家庭生活と家族、衣服への関心、食事への関心および簡単な調理、住まい方への関心、物や金銭の使い方と買い物などを重点に置き学習および指導案の立案と指導法を学ぶ。

授業計画

第1回:家庭生活を教える視点について
第2回:家庭科の目標
第3回:家庭科の内容と教科書
第4回:授業の評価と計画
第5回:小物作りの授業展開例
第6回:基礎縫いの指導
第7回:小物作りの指導計画案の作成
第8回:調理の指導
第9回:調理実習の授業展開
第10回:住まいの指導
第11回:物や金銭の使い方の指導
第12回:家族の指導
第13回:学習指導案について
第14回:学習指導案の作成
第15回:家庭科室の維持と管理

参考書

学習指導要領

備考

教職科目