科目名

図画工作科教育法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・学習指導要領図画工作科編に記述されている教科の目標と内容を正しく理解し、児童の実態に応じた教材化の視点 及び具体的な指導方法を身に付ける。
・教員による模擬授業及び表現活動を通して、授業における評価と指導の実践力を身に付ける。
・上記の内容について、授業実施を想定して、題材設定の理由、目標と評価規準の設定、学習活動と指導上の留意点 などにまとめ、学習指導案作成の活動を通して具体的な授業づくりの力を身に付ける。

科目概要

図画工作活動は、子どもの発育発達において大事な意味を持つ活動である。本講義では、表現の発生から始まり、成長の道筋を述べ、発達論的な理解を深めることを目的とする。また、様々な種類の紙・数種類の粘土・身近な素材(自然物および人工物や廃材)を使った図画工作の基礎および応用までを実践的に学習する。さらに、学生自身が工作に挑戦することで図画工作の自由な発想を尊重し、楽しさや達成感を体験する。

授業計画

第1回:学習指導要領における図画工作科の位置づけについて
第2回:学習指導要領の構造及び内容について
第3回:造形表現の発達と表現形式について
第4回:「材料をもとにした造形活動」の指導と実際1
第5回:「材料をもとにした造形活動」の指導と実際2
第6回:「絵に表す」の指導と実際1
第7回:「絵に表す」の指導と実際2
第8回:「立体に表す」の指導と実際
第9回:「つくりたいものをつくる、工作に表す」の指導と実際
第10回:材料・用具、技法の指導と実際
第11回:「鑑賞」の指導と実際1
第12回:「鑑賞」の指導と実際2
第13回:「表現」と「鑑賞」の一体化を図る指導と実際
第14回:指導と評価について
第15回:ふりかえりとまとめ(テスト)

参考書

学習指導要領

備考

教職科目