科目名

生活科教育法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

生活科の指導に必要な指導内容・指導方法に関する基礎的な知識・技能を習得するとともに,生活科の諸活動に対して高い興味・関心を持つことができるようになる。

科目概要

子どもは本来生活体験の中で様々な事柄について興味関心を持ち、そのものの本質や疑問や探究心を持って取り組もうとする姿がある。このような子どもの本来持っている主体的な態度を、学校で活かしていくべきと考えられた生活を、どのように展開していくことが望ましいか、実際の授業や事例を通して学ぶことを目的とする。特に、具体的な活動や体験を通して見る、聞く、触れる、作る、探す、育てる、遊ぶなど直接働きかける指導案作成、指導を実践する。

授業計画

第1回:オリエンテーション:生活科導入の背景と目標
第2回:低学年児童における学習と発達について
第3回:低学年児童の生活環境と生活科の課題について(教科特質と意義)
第4回:ポートフォリオ評価を活用した評価のありかたについて
第5回:教材研究Tと指導案の検討:季節の変化と自然
第6回:教材研究Uと指導案の検討:飼育栽培指導
第7回:教材研究Vと指導案の検討:「成長のアルバム」作り
第8回:学習指導案作成および模擬授業1
第9回:学習指導案作成および模擬授業2
第10回:学習指導案作成および模擬授業3
第11回:学習指導案作成および模擬授業4
第12回:学習指導案作成および模擬授業5
第13回:学習指導案作成および模擬授業6
第14回:問題解決的な学習の構成と学習指導案について
第15回:教師の力量形成と授業技術について

参考書

学習指導要領

備考

教職科目