科目名

理科教育法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

初等理科で扱われている内容を子供たちにわかりやすく実験・観察させたり説明できるような資質を身につけられるようにする。

科目概要

教科としての理科の特徴および実際に指導するときに必要な事柄について学ぶ。実際には、理科教育の目的・目標、理科カリキュラムの歴史的変遷、小学校理科のカリキュラムの特徴、効果的理科授業法、課題研究の取り組ませ方、理科教材論(野外観察・ものづくり)、理科室の安全管理(試薬管理等)、環境教育・総合的な学習とのかかわりについて具体的な演示実験を交えながら学ぶ。

授業計画

第1回:「学ぶ」こと・・学校教育、教科教育、理科教育の目標
第2回:理科教育と科学史(人間の自然認識の変遷)
第3回:小学校理科のカリキュラム編成の特徴
第4回:授業方法1(導入・仮説・討論)
第5回:授業方法2(実験・観察、検証)
第6回:授業計画1(指導要領・教科書の扱いと発展)
第7回:授業計画2(自主教材作り・ものづくり)
第8回:授業計画3(実験・野外観察)
第9回:授業の工夫(効果的手法、失敗事例)
第10回:課題研究の取り組み(自由研究)
第11回:安全管理・事故防止(理科室、実験準備・実験中・実験後)
第12回:理科カリキュラムの歴史 (最近の理数科離れにいたるまで)
第13回:理科教育の周辺1(他教科とのかかわり)
第14回:理科教育の周辺2(科学クラブ・情報教育)
第15回:試験

参考書

学習指導要領

備考

教職科目