科目名

算数科教育法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・学問としての「算数」の歴史・価値を知る。
・「学習指導要領』第2章各教科第3節算数」について知識を習得する。
・「学習指導要領』第2章各教科第3節算数」にもとづく指導と評価の方法を習得する。
・中学校数学科との連携の観点から算数科の指導のあり方について考えることができる。 

科目概要

算数教育の目標はなにか、現在の学校数学を取り巻く問題にはどのようなものがあるのか。これらの問題について考察することから論を展開し、算数教育の歴史を振り返りながら今後の課題を考察する。特に本講義では、算数科の目標の歴史的変容と課題を学ぶ。また、教材研究および子どもの発達段階に応じた指導法の工夫によって、学習効果の向上を図ることを学ぶことを目的とする。

授業計画

第1回:「算数科」の存在論的根拠・価値論的根拠
第2回:「算数科」に求められるもの1−学習指導要領概論−
第3回:「算数科」に求められるもの2−学習指導要領の徹底分析(低学年)−
第4回:「算数科」に求められるもの3−学習指導要領の徹底分析(中学年)−
第5回:「算数科」に求められるもの4−学習指導要領の徹底分析(高学年)−
第6回:「算数科」の歴史を探る1−目標論の変容−
第7回:「算数科」の歴史を探る2−方法論の変容−
第8回:「算数科授業の達人」スキルを学ぶ1
第9回:「算数科授業の達人」スキルを学ぶ2
第10回:「算数科授業の達人」スキルを学ぶ3
第11回:「算数科授業の達人」スキルを学ぶ4
第12回:「算数科」の現実と課題1−「中1ギャップ」問題を手がかりに−
第13回:「算数科」の現実と課題2−「生きる力」と「百マス計算」−
第14回:「算数科」の現実と課題3−「数学科」は「算数科」の夢を見るか−
第15回:筆記試験

参考書

学習指導要領

備考

教職科目