科目名

国際理解教育

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

国際理解教育の本質とその発展経過について包括的に理解し、学校における異文化・多文化理解をすすめる端緒とする。

科目概要

近代における国際教育のルーツを探ることを通して国際理解教育の本質を理解し、さらにユネスコを中心とした国際的な教育運動を知る。また英・米の国際理解教育を学びながら、異文化理解をすすめるにあたって必要とされる知識と技能を探求する。さらに日本の教育現場における国際理解教育をめぐる諸問題についても学習する。

授業計画

第1回:国際理解教育とは何か
第2回:内なる国際化〜私たちを取り巻く異文化と国際化の波
第3回:国際理解教育の誕生〜戦争と平和の思想
第4回:国際連合(ユネスコ)による国際理解教育
第5回:アメリカの国際理解教育〜Global Education
第6回:イギリスの国際理解教育〜World Studies
第7回:日本の国際理解教育〜「国際人」から「世界に生きる日本人」、そして「地球市民」へ
第8回:日本の国際化と異文化・多文化理解
第9回:国際理解教育の実践1〜英語、社会科、総合的な学習の時間
第10回:国際理解教育の実践2〜「アメリカ理解」の実践
第11回:国際理解教育の実践3〜地域社会との連携
第12回:国際理解教育をめぐる課題1〜内容、方法、そして評価
第13回:国際理解教育をめぐる課題2〜グローバリズムと反グローバリズム
第14回:国際理解教育再考
第15回:試験

備考

教職科目