科目名

教育課程論

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・「教育課程」「カリキュラム」「学習指導要領」について説明することができる。
・「カリキュラムと公共性」「学力問題」について意見を述べることができる。

科目概要

学校教育は目標や価値の実現を目ざした意識的、目的的な活動である。その目標に即して子ども、青年を教授、指導するために、人類の文化遺産から選んだ教育内容を組織的、体系的に編成した教育計画を教育課程という。教育課程の本質や理論を述べ、学校における教育計画や教育課程の編成のしかたを具体的に考える。合わせて、学習指導要領について取り上げる。

授業計画

第1回:教育課程とは何か1−本質と必要−
第2回:教育課程とは何か2−制度と歴史−
第3回:教育課程の理論1−工学的アプローチと羅生門的アプローチ−
第4回:教育課程の理論2−学校を基礎とするカリキュラム開発−
第5回:カリキュラムと公共性1
第6回:カリキュラムと公共性2
第7回:学習指導要領の研究1−1947年改訂−
第8回:学習指導要領の研究2−1958年改訂−
第9回:学習指導要領の研究3−2002年改訂−
第10回:学習指導要領の研究4−2005年中教審答申−
第11回:「学力低下」問題と教育課程1−学力は低下したか−
第12回:「学力低下」問題と教育課程2−学力低下と階層社会化−
第13回:「学力低下」問題と教育課程3−教育課程と階層−
第14回:「学力低下」問題と教育課程4−効果のある学校−
第15回:筆記試験

参考書

学習指導要領

備考

教職科目・保育士科目(必修)