科目名

児童福祉論

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・子どもの健全育成を図ることを目的とする法制度、機関・施設を体系的に理解する。
・少子化、児童虐待、少年非行等の社会問題の実態をふまえ、児童福祉サービスの現状と課題を整理するとともに、児童福祉の理念、意義について理解を深める。

科目概要

子どもが健全に成長できるように日本の社会がどのような制度を整えてきたかを学習する。具体的には,児童福祉の意義,歴史的経過,児童福祉の法律・制度・福祉機関・施設を体系的に講義する。また少子化と子育て支援サービス,児童虐待,障害児,少年非行などの社会問題を中心にして,児童福祉サービスの現状と課題の認識を深め,児童福祉の専門援助技術と関連機関との連携について説明する。さらに,今後展開が期待される相談援助活動について,体験と事例研究によってその実情を理解させる。

備考