科目名

日本国憲法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

法治国家の国民として、現代憲法学と日本国憲法を学ぶ。さらに、国家の組織と作用、福祉国家における基本的人権の内容を理解し、自己の人生設計にもつなげる。

科目概要

先ず国家の要素、国民の概念と憲法とのかかわりを述べる。そのうえで近代的意味の憲法からワイマール憲法等の現代憲法を学び、日本国憲法の基本原理(国民主権、基本的人権の保障、平和主義等)を説き、判例も読みながら憲法を理解する。特にいわゆる福祉国家における国民として、自由、健康に留意し、幸福な生活の実現への自覚につなげる。

授業計画

第1回:導入 憲法と私たち(男女平等、個人財産)との関係
第2回:国家の意味 人間・領土・主権(三要素)
第3回:憲法の意味 憲法、法律、政令、省令
第4回:憲法の種類 法形式、制定手続、改正手続
第5回:憲法の歴史 英・米・仏における権利章典
第6回:固有の意味の憲法、近代的意味の憲法
第7回:20世紀の憲法 ワイマール憲法等
第8回:日本国憲法 前文 平和主義
第9回:日本国憲法 政治組織、活動
10回:国会、内閣、裁判所、天皇の役割
第11回:基本原則 国民主権 参政権
第12回:基本的人権の保障 総論
第13回:自由権、平等権、請求権
第14回:経済的自由権 社会権
第15回:テスト

備考

教職科目