科目名

アメリカ文化研究

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・アメリカの主な女性作家とその代表作についての知識を深める。
・アメリカの地域の特色を理解する。
・多文化社会アメリカの現状を理解する。

科目概要

従来のアメリカ文学は男性作家中心に作品が検証されてきたが、この科目ではアメリカの19世紀から20世紀の代表的な女性作家の作品を中心に、そこから読み取れる様々な社会問題を考察する。アメリカの北東部、大西洋岸中部地域、南部、中西部、西部と、地域によって異なる歴史的な背景を学んだ上で、小説の他に伝記やエッセー、映像資料も交えて、アメリカの女性の生き方を学ぶ。代表的な作家として、ストウ、ウォートン、ショパン、キャザー、モリソン、シルコウなどの作品を扱う。

授業計画

第1回:はじめに
第2回:ハリエット・ビーチャー・ストウ 南北戦争以前のアメリカ
第3回:ハリエット・ジェイコブズ 南北戦争以前のアメリカ
第4回:ルイザ・メイ・オルコット 南北戦争
第5回:ケイト・ショパン 再建の時代
第6回:イーディス・ウォートン 金メッキ時代
第7回:ローラ・インガルス・ワイルダー 革新主義
第8回:ウィラ・キャザー 革新主義
第9回:マーガレット・ミッチェル 第一次世界大戦
第10回:トニ・モリソン ジャズエイジ
第11回:アリス・ウォーカー 大恐慌
第12回:レスリー・マーモン・シルコウ ニューディール
第13回:マキシン・ホン・キングストン 第2次世界大戦
第14回:アーシュラ・K・ルグイン まとめ
第15回:まとめ 期末試験

備考

教職科目