科目名

Sociolinguistics

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

Students will understand how languages and societies interact and influence each other.
 言語と社会の相関関係、相互の影響関係を学ぶ。
Students will be able to follow lectures in English. 
 英語による授業を理解する。

科目概要

The class will survey five topics, language in multilingual communities, language and variation (regional, gender and age), why languages change, language and politeness, and language and culture.  The lectures, readings, discussions and reports will help students understand how society affects language and the way that we use language. In addition, all lectures, discussions, readings and reports will be in English and this emphasis on English will help students increase their understanding of academic English. 
 「社会言語学」は、次の5つのトピックを扱う。多言語社会における言語、言語とその変種、言語とポライトネス、言語と文化、言語とその変化の6つである。講義、文献講読、討論、レポートで授業を進めていくが、その過程を通して学生は、社会がいかに言語に影響を及ぼし、我々の言語使用に作用しているかを学習する。講義、文献講読、討論、レポートはすべて英語で行われ、学問的な英語力の増強に役立つと期待される。

授業計画

第1回:Introduction to sociolinguistics 社会言語学へのイントロダクション
第2回:Language in multilingual communities: Individuals 多文化社会における言語
第3回:Language in multilingual communities: Maintenance and shifts 多文化社会における言語
第4回:Language varieties in multilingual communities 多文化社会における言語の多様性
第5回:Language and regional variation (1) 地域による違い(1)
第6回:Language and regional variation (2) 地域による違い(2)
第7回:Language and gender variation (1) 性による違い(1)
第8回:Language and gender variation (2) 性による違い(2)
第9回:Language and age variation 年齢による違い
第10回:Why languages change 言語が変化する理由
第11回:Language and politeness (1) 言語とポライトネス(1)
第12回:Language and politeness (2) 言語とポライトネス(2)
第13回:Language and culture (1) 言語と文化(1)
第14回:Language and culture (2) 言語と文化(2)
第15回:Review まとめ

備考

教職科目