科目名

市民社会研究

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・リスク社会の処方としての市民社会論について理解する。
・市民社会論を批判的に検討し、社会統合のあり方について考える。

科目概要

リスク社会論を題材として、新自由主義的な潮流における市民社会論をSTSや科学社会学的視点から概観し、主体性や自己決定権、権力といった現代社会のキーワードについて理解する。その上で、公共性や社会的正義についての議論に触れ、市民社会論の問題点を批判的に検討し、現代社会における社会統合のあり方について考える契機とする。

備考