科目名

多文化社会研究

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・英語圏の多文化主義の理論について理解できる。
・多文化主義と現実社会の関係を批判的に考察できる。

科目概要

多文化主義は、1970年代以降にアメリカ合衆国やカナダ、オーストラリアといった英語圏の移民国家で発達した理論である。マイノリティを抑圧する同化主義とは異なり、各民族の多様性を尊重した公正な社会造りをめざす多文化主義は、新たな国民統合理論として注目されてきたが、数々の利点とともに課題や限界も有している。英語圏のいくつかの国で争点となっているテーマを取り上げて、多文化主義の光と影に迫る。

授業計画

第1回:導入;多文化化する世界
第2回:アメリカ合衆国における多文化主義の展開
第3回:多言語化するアメリカ社会
第4回:「イングリッシュ・オンリー」と「イングリッシュ・プラス」
第5回:カナダの国家政策としての多文化主義
第6回:バイリンガル教育とイマージョンプログラム
第7回:先住民族と多文化主義
第8回:オーストラリア多文化主義の特徴
第9回:アジア系移民と多文化主義
第10回:イギリスにおける多文化主義
第11回:ムスリム住民とイギリス社会
第12回:日本における多文化化の現状
第13回:エスニック・メディアとエスニック・ビジネス
第14回:自治体における多文化共生施策
第15回:まとめ;多文化主義の光と影

備考

A07生〜A04生:教職科目