科目名

社会調査法

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・質問調査法の基本的な考えと手順を理解する。
・質問調査法のプロセスを実際に体験する。

科目概要

社会調査には量的データを扱う量的調査と質的データを扱う質的調査の2種類ある。本授業は、量的調査を扱う。質問票を用いてデータを収集し、そのデータを統計的処理によって分析する質問調査法を取り上げる。実際に自分で質問票を作成し、データを収集し、コンピューターを使って分析し、調査報告書を作成する。質問調査法のプロセスを一通り体験することで質問調査法の技法を習得する。

授業計画

第1回 社会調査とは何か
第2回 基礎的統計量(1)
第3回 基礎的統計量(2)
第4回 図表の読み方
第5回 社会調査の基本ルールと基本の道具
第6回 予備調査
第7回 調査票の作成(1)
第8回 調査票の作成(2)
第9回 サンプリングの方法
10回 調査の実施
11回 コーディングと集計
12回 調査結果の分析(1)
13回 調査結果の分析(2)
14回 調査結果の分析(3)
15回 調査報告書のまとめ方

備考

国際文化学科:教職科目