科目名

社会心理学

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・「心の働き」を社会的文脈の中で考察することができるようになる。
・私たちの日常的な行動についての心理学的な理解を深める。

科目概要

「社会的リアリティ」を全体的なテーマとし,私たちの社会的行動に対する他者からの影響過程,あるいは所属する集団や組織からの影響過程を中心に扱う。授業では,特に,個人と集団,あるいは個人と社会との相互作用に関する具体的な事例をもとにして,私たちの「心の働き」を社会的な文脈の中で実証的に考察する。

授業計画

第1回:オリエンテーション 講義内容と担当者の紹介,および講義の進め方の説明
第2回:社会心理学とは(1) 社会との関連をふまえた上で,心の働きを考察する。
第3回:社会心理学とは(2)
第4回:社会心理学とは(3)
第5回:社会から受ける影響(1) 他者が存在することによる影響過程を歴史的事件や実験例を通して詳述する。
第6回:社会から受ける影響(2)
第7回:社会から受ける影響(3)
第8回:個人と社会との力動的関係(1) 少数者の影響力を事例に社会的リアリティを考える。
第9回:個人と社会との力動的関係(2)
第10回:個人と社会との力動的関係(3)
第11回:社会的リアリティ(1) 私たちの主観的認識を支えている社会的影響についての日常的な事例を理解し,そのプロセスに関連する心の働きを考察する。
第12回:社会的リアリティ(2)
第13回:社会的リアリティ(3)
第14回:まとめ
第15回:期末試験

備考

教職科目