科目名

福祉社会論

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・ノーマライゼーションの理念についての理解を深める。
・ノーマライゼーションを支える福祉サービスのあり方を考える。

科目概要

私たちは誰でも障害を持つことはあり得る。障害を持とうと持つまいと、誰もが人間として「当たり前の生活」を送りたいと願っている。その願いが福祉サービスの発達をもたらしてきたといえる。この授業では、「当たり前の生活」とは何か、それを可能とする福祉サービスのあり方とは何かを考える。

授業計画

第1回 福祉とは何か
第2回 障害とは何か
第3回 ノーマライゼーションとは何か
第4回 自立生活運動とは何か
第5回 援助者の役割とエンパワーメント
第6回 バリアフリーとは何か
第7回 介護保険の理念と実際(1)
第8回 介護保険の理念と実際(2)
第9回 障害者施策
10回 障害者自立支援法の概要と課題(1)
11回 障害者自立支援法の概要と課題(2)
12回 障害者の自立と所得保障
13回 障害者の自立と就労
14回 自立生活を支える地域サポートシステム
15回 まとめ 

備考

国際文化学科:教職科目