科目名

教育相談

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・相談の前提となる子ども理解について学ぶ。
・対人援助の基礎となる自分への働きかけをおこなう。
・カウンセリングの技法を学び、カウンセリング・マインドを習得する。

科目概要

現在の学校においては、校内暴力やいじめ問題、青少年の非行や自殺、不登校や引きこもり、薬物乱用等が問題となっている。こうした子どもを支援するには、教師にもカウンセリング・マインドが必要だと言われている。そこでこの科目では、カウンセリングの意義や理論に関する基礎知識やカウンセリングの技法を学び、事例検討を通して生徒の理解と生徒の支援のあり方について検討する

授業計画

第1回:ガイダンス
第2回:子ども理解1
第3回:子ども理解2
第4回:子どもの現状1
第5回:子どもの現状2
第6回:自分と出会う1
第7回:自分と出会う2
第8回:カウンセリング技法1
第9回:カウンセリング技法2
第10回:カウンセリング技法3
第11回:教育相談の実際1
第12回:教育相談の実際2
第13回:スクールソーシャルワークとしての教育相談
第14回:専門家との協働と機関連携
第15回:まとめ

備考

教職科目