科目名

教育方法の理論と実践

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

教育の方法・技術に関する理論と実践について学び、より適切で効果的な方法と技術を身につける。

科目概要

授業の原理、授業の分析・評価などについて近代的教育方法論の成立と展開を踏まえて概観する。その上で、現代の新しい教育実践例をいくつか挙げ、学習指導要領に言及しながら新しい教育方法を探る手がかりを授業プランの作成等の演習形式で実施する。また、メディアによるプレゼンテーションの有効性、メディアリテラシー、コミュニケーションとメディア、効果的なメディア教材・教具の活用方法等、今日的な内容も取り入れる。

授業計画

第1回:オリエンテーション;教育のねらい
第2回:学習指導のあり方と学習指導要領
第3回:授業の基本的性格と特質
第4回:授業の方法と技術(1)一斉授業指導
第5回:授業の方法と技術(2)小集団共同学習指導
第6回:授業の方法と技術(3)ティームティーチング
第7回:評価法のあり方
第8回:教材・教具のあり方
第9回:「教育の情報化」とメディアリテラシー
第10回:コミュニケーションとメディア
第11回:メディアの活用方法
第12回:授業プランの作成(1)
第13回:授業プランの作成(2)
第14回:授業プランの検証
第15回:まとめ

教科書

学習指導要領

備考

教職科目