科目名

教育心理学

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

教員にとって必要な教育心理学の知識を得ること、具体的な事例を知ることにより教員志望の意欲を高めること、以上2点を目標とする。

科目概要

将来教育に携わる学生が教育について学ぶ最初の科目の一つである。幼児・児童・生徒がその潜在的能力を実現していくためには周囲の大人の支援が重要である。教育現場でその任を担う者として彼らの特質をよく理解するため、その発達、学習の過程や支援方法、動機付け、人格と適応、教育評価、学級集団などについて発達心理学・学習心理学・人格心理学などの基礎的な心理学的知見をもとに学んでいく。また、障害児教育についても取り上げる。

授業計画

第1回:オリエンテーション
第2回:人間発達の理解(1)−発達とは何か・原理・規定因−
第3回:人間発達の理解(2)−発達理論−
第4回:乳・幼児期の理解−乳・幼児期の心理−
第5回:児童期・青年期の理解−身体・知能・言語・社会性・人格の発達−
第6回:学習の理解(1)−学習とは何か・成立過程−
第7回:学習の理解(2)−学習成立の条件−
第8回:学習成果の保持と転移−記憶とは何か・忘却のメカニズム−
第9回:授業の心理−理論・形態・最適化−
第10回:教育評価の方法−視点・目的と時期・学力テスト・知能テスト−
第11回:教育データの収集と分析−方法・教育統計−
第12回:学校適応−いじめ・不登校・人間関係−
第13回:発達障害(1)−知的障害・自閉症・高機能広汎性発達障害−
第14回:発達障害(2)−学習障害・注意欠陥・多動性障害−
第15回:試験

備考

教職科目