科目名

教育原理

授業形態

講義

単位数

配当年次

2(子ども教育学科は1)

到達目標

・古今東西の教育思想や学校の歴史を学ぶことで、系統的な理解ができるようになる。
・教育理念を理解し、現在の教育問題の背景を幅広い視点から考えられるようになる。

科目概要

「人間は教育されなければならない唯一の被造物である」とはカントの名言だが、なぜ人間には教育が必要なのかを人間の本質に照らして明らかにするとともに、教育思想の流れを時代を追って考察する。また、今日では教育に占める学校の位置が重要性を増しているので、学校教育についても西洋及び日本の歴史に位置づけて学ぶ。さらに、毎回の新聞の切り抜き記事にもとづくコメントの課題を通して現在の教育事情にもふれ、教育についての視野を広げることをめざす。

授業計画

第1回:オリエンテーション;教育とは何か
第2回:人間にとってなぜ教育が必要か;カントとポルトマンを中心に
第3回:西洋教育史(古代);ソクラテスとプラトンの教育思想
第4回:西洋教育史(中世);中世の教育と大学の発生
第5回:西洋教育史(近世);ルターとコメニウスの教育思想
第6回:西洋教育史(近代);ルソー、ペスタロッチ、フレーベルの教育思想
第7回:日本教育史(近世);近世の教育と教育思想
第8回:日本教育史;近代学校の誕生とヘルバルト主義
第9回:日本教育史;戦後から現代
第10回:教育思想の二大潮流(教科中心主義と児童中心主義
第11回:学力問題を考える
第12回:学力問題を考える
第13回:多様な子どもと教育
第14回:学校・家庭・地域
第15回:試験

備考

教職科目