科目名

法学

授業形態

講義

単位数

配当年次

1(秘書科は2)

到達目標

社会が大きく変化する現代において、国内法、国際法はどのようであるべきなのか、法は人間行動のマニュアルであるという意味において理解し、法的思考力(legal mind)を養成する。

科目概要

本講では、法とは何かを、他の社会規範すなわち慣習、宗教、道徳等と比較することにより問い、法の本質を理解する。そして、法と社会、法と人間関係等を、家族(出生、結婚、親子、死亡、相続等)、財産(所有、売買、貸借、損害賠償等)、罪と罰等の諸問題に関し、民法、刑法、商法、都市計画・建築基準関係法等の実定法や国際法やそれら事例、裁判例も参照しつつ解説する。

授業計画

第1回:導入 法と常識 法律・判例の読み方
第2回:法の体系 六法 公法・私法・社会法
第3回:法とは何か 法と社会生活 社会規範
第4回:法とは何か 法と慣習・道徳
第5回:法とは何か 条約 国際公法・私法
第6回:権利と義務 権利の種類
第7回:法の適用 法と裁判 民亊事件、刑事事件
第8回:裁判制度 三審制度 司法権の独立
第9回:民法 人 住所 権利能力と行為能力
第10回:民法(財産法) 動産と不動産 物権と債権 相隣関係と建築基準法等
第11回:商法(財産法) 会社(商人)と商行為
第12回:民法(家族法) 親族、婚姻、国際私法、内縁、離婚
第13回:児童の権利に関する条約、障害者の権利に関する宣言、国際人権規約等
第14回:刑法 罪(犯罪)と罰(刑罰)
第15回:テスト

備考

国際文化学科:教職科目