科目名

乳児保育

授業形態

演習

単位数

配当年次

到達目標

・乳児保育の理念と保育所、乳児院等における乳児保育の現状と課題について理解することができる。

3歳児未満の発育・発達、生活と遊びについて理解することができる。

・乳児保育計画を作成し、保育内容や方法、環境構成や観察・記録について学ぶことができる。

科目概要

 はじめに乳児保育の保育観の歴史的変遷について概説し、現代の乳児保育のニーズと意義について確認する。乳児期は一生の中で最も発達変化の大きい時期であり、養育者との信頼関係を築き、それを支えに発達成長を遂げていく時期である。0歳〜2歳の年齢ごとの発達の特徴、それぞれの年齢で大切にしたいことを確認しながら、生活や遊びへの援助の実際について学ぶ。保育所を見学して実際に乳児と触れあい、発達の理解、乳児と保育者との関わり、子ども同士の関わり、乳児保育を行う上での環境構成の実際などについて学びを深める。また子育て支援における乳児保育の意義についても触れ、保育者が保護者のよき理解者、相談相手となり、ともに育てていく姿勢を持つことの大切さも理解できるようにする。乳児院での乳児保育の内容、果たしている役割についても学習する。

授業計画

 

備考

保育士科目(必修)