科目名

子どもの保健1

授業形態

講義

単位数

配当年次

到達目標

・子どもの心身の発達と保健について理解できる。

・子どもの疾病とその予防法及び、適切な対応について理解できる。

・保育における環境及び衛生管理及び安全管理について理解できる。

科目概要

 小児保健学の目的は、小児の健康を保持増進させ、健康な状態の成人に育てることにある。胎生期から乳幼児期、児童期、青年期にいたるまでの心身の発達のメカニズム、生理的機能の特徴を理解する。さらに、小児が健全な成長を図る上で必要な食生活と栄養、小児の生活環境、健康増進などについての知識を習得する。また幼稚園、保育所における集団保育と保健、保護者と園児への健康増進教育の方法とその教材についても解説する。

備考

保育士科目(必修)