プール学院大学・プール学院短期大学部
ここから本文

教育方針

 

プール学院大学とプール学院大学短期大学部は、1950年に「短期大学」の制度ができるとともに創設されたプール学院短期大学を前身とします。短期大学時代に打ち立てられた、キリスト教精神と国際主義に根ざした人間教育の伝統は現在も引き継がれ、教員と学生が親しく互いに学びあえる環境の中で、1人1人を大切にした教育が行われています。

●プール学院 ミッションステートメント


大学 国際文化学部 教養学科

2012(平成24)年に、教養学科を開設。

実社会のさまざまな分野で活躍するための社会人基礎力を育成し、リベラルアーツ教育を通して、現代のグローバル社会で必要とされる幅広い知識と応用力を養います。

●教養学科 ディプロマポリシー


大学 国際文化学部 子ども教育学科

2007(平成19)年に、子ども教育学科を開設。

子ども教育学科は、体験型の授業で実践力のある人材を育て、グローバル社会に対応しうる教育従事者を育成します。卒業後の現場を見据えた視野の広い授業を通して、得意分野をもった魅力ある教育者を育成します。

●子ども教育学科 ディプロマポリシー

大学 国際文化学部 国際文化学科

1996(平成8)年に、短期大学の「英文科」を発展させ、男女共学の大学「国際文化学部・国際文化学科」を開学。

国際化、多文化化が進む社会で、人々が共生し、協働するための知識と実践力を身につけ、社会に貢献できる人材を育成します。

●国際文化学科 ディプロマポリシー

大学 国際文化学部 英語学科

2008(平成20)年に、英語学科を開設。

英語学科は、世界の共通語である英語を実践的に学び、留学などを経験して、さまざまな文化背景をもつ世界の人々とコミュニケーションをはかり、現代社会で共に生きて働く人間作りを目指します。

●英語学科 ディプロマポリシー

短期大学部 秘書科

1984(昭和59)年に、「秘書科」を開設。

国際化・情報化時代にふさわしい女性のために、教養と職業的な教育を身につけた人材を育成しています。

●秘書科 ディプロマポリシー

短期大学部 幼児教育保育学科

2006(平成18)年に、「幼児教育保育学科」を開設。

本学の教育理念である「神への畏敬」「自分と他者への尊厳の自覚」にもとづいて、乳幼児の発達を援助する教養と技能を身につけた人材を育成します。

●幼児教育保育学科 ディプロマポリシー

大学院

2000(平成12)年に、「国際文化学研究科 異文化間協働専攻(修士課程)」を多文化社会における協働の研究拠点として開学。

21世紀、地球上のすべての人々が互いの尊厳をもって生きてゆくことができる社会の成熟のため、文化の違いを越え異文化間の理解・協働を研究、実践し、広く世界で活躍できる専門的人材を育てることを目的としています。

●国際文化学研究科 ディプロマポリシー

  • このページの先頭へ プール学院大学