プール学院大学・プール学院短期大学部
ここから本文

ディプロマポリシー

 

国際文化学部 国際文化学科 ディプロマポリシー

 国際文化学科では、多様な文化において、広い視野を持って活躍することのできる人材を育成することを目標とする。そのために、以下を充たすものに学士号(国際文化学)を与える。

  1. 日本語や外国語、情報処理の能力を駆使して、人と人をつなぎ、相互の理解を促進できるコミュニケーション力を獲得している。
  2. 異文化間協働、東アジア経済、地域環境などのうち、自己の専門とする分野についての深い知識を持っている。
  3. 国内外を問わず職業人として、自己の役割を自覚して活躍できる広い視野と知識を持っている。
  4. 国境や文化を超えた領域において活動する上で必要とされる柔軟な感性と実践的な知識、行動力が身についている。

国際文化学部 子ども教育学科 ディプロマポリシー

 子ども教育学科は、子どもの尊厳への深い理解を持ち、子どもの存在を総合的にとらえ、その保育・教育を人々の協働の営みとして考え行動できる人間の育成をめざしている。そのために、以下の能力を身につけ、所定の単位を修得した者に学士号(子ども教育学)を授与する。

  1. 本学の建学の精神であるキリスト教にもとづく人間理解をすすめ、幅広い教養を有している。
  2. 保育・教育現場に必要な専門的知識と実践的技能を習得し、専門的職業人としての使命感、責任感を有している。
  3. 保育・教育に関わる多様な課題を発見し、分析し、判断し、協働して解決する力を有している。
  4. 講義や演習、実習、卒業研究などを通して、知識の活用能力、批判的思考力、課題解決力、表現力、コミュニケーション力などを総合する力を有している。

国際文化学部 英語学科 ディプロマポリシー

 英語学科では、幅広い教養を基礎として、仕事に活かせる英語力を身につけ、国際的視野を持ったホスピタリティの精神に富む人材を育成することを目標とする。そのために以下を充たすものに学士号(英語文化学)を与える。

  1. 英語圏での日常生活に不自由のない英語力に加えて、専門的な英語力を身につけている。
  2. 日本をはじめとして世界の国々や地域について幅広い知識を得、様々な文化を客観的に評価する視点を持っている。
  3. 他者の個性を尊重すると同時に自分の個性を発揮するためのコミュニケーション力と自己表現力を身につけ、協働してコミュニティに貢献する能力を備えている。
  4. 自己を認識し、望ましい勤労観と職業観を持ち、自分の将来設計を構築している。
  5. 自らテーマを決め、それまでに身につけた英語力と調査研究技法及び実践力を駆使して卒業研究を完成している。

国際文化学部 教養学科 ディプロマポリシー

 教養学科は、幅広い教養と柔軟な思考力を身につけ、さまざまな職業や社会的活動を通じ、使命感と責任感を持って社会に貢献することのできる人材を育成することを目標とする。所定の単位を修得し、以下を満たした者に「学士号(教養学)」を授与する。

  1. 本学の建学の精神であるキリスト教に基づく人間理解をすすめ、幅広い教養を修得している。
  2. 職業を通して社会に貢献するために必要とされる専門的知識と実践的能力を修得している。
  3. 言語や文化、社会的背景の違いを超えて協働するためのコミュニケーション能力を修得している。
  4. インターンシップ・フィールドワークなどの実践的学習や卒業研究を通して、地域社会で活動するための実践的能力を修得している。
  5. 課題の発見、解決に向けた情報の収集と分析、批判的思考と考察を実践するための能力を修得している。

短期大学部 秘書科 ディプロマポリシー

 秘書科では学生それぞれが持つ個性を尊重しながら、社会に役立ち次の世代の担い手となる人材の育成を目指している。そのために、以下の卒業認定の方針を設定した。

  1. 幅広い教養と技能を基礎とした人間力を持ち、人生を自らの力で切り拓く能力を備えている。
  2. 他者を思いやりながら自分のなすべき役割を自ら見つけ、その役割を果たせる。
  3. 理論と実務を理解した上で、秘書的素養を持ち、組織で役立つ。

短期大学部 幼児教育保育学科 ディプロマポリシー

 幼児教育保育学科では、乳幼児を豊かな可能性をもった人間と理解し、その発達を支援するための多様な視点と感性とを身につけ、子どもの最善の利益のために力を尽くす意志をもって幼児教育・保育に貢献する人材の育成を目指している。そのために、以下の卒業認定の方針を設定した。

  1. 他者への奉仕の精神を持ち、他者を尊重し、他者と協力して活動できるコミュニケーション能力と責任感、倫理観を備えている。
  2. 子どもの成長を支援するために必要な幼児教育・保育の専門的な知識と技能を有し、それらを実践できる。
  3. 自己研鑽と創意工夫に励み、柔軟な視点で幼児教育・保育にかかわる課題を探求し、今日的問題を解決するための基礎を培っている。

大学院 国際文化学研究科 ディプロマポリシー

 国際文化学研究科では、キリスト教の精神に基づいた神への畏敬と人間の尊厳を理念とし、社会の要請に応え、高度にして専門的な学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究めて、民主的教養と国際的理解を有し、世界の市民として人類の福祉と文化の発展に貢献できる人材を育成することを目標とする。そのために、以下の能力を身につけ、規定の単位を修得し、修士論文の審査に合格した者に修士号(国際文化学)を授与する。

  1. 国際協働、異文化間関係、地域文化研究の領域において、自己の専門とする分野を中心に広い視野に立って精深な学識を持っている。
  2. グローバル化の進展する世界において現代社会が直面する様々な問題の解決に向け、自律的に貢献するための能力を身につけている。
  3. 異文化間協働に関わる諸活動や諸職業に求められる専門的知識と高度の実践的能力を有している。
  4. 国際文化学の領域における高度の研究能力を有している。
  5. 広い教養を培い、人格を高め、世界人類の福祉に貢献しようとする態度を身につけている。

  • このページの先頭へ プール学院大学