プール学院大学・プール学院短期大学部
短期大学部 秘書科
短期大学部 秘書科ここから本文
短期大学部 秘書学科
 ビジネス実務コース[概要]

 ビジネス実務コースでは、企業の財務・経理部門に必要な会計学関連を中心に学習します。卒業時には「ビジネス実務士」の称号を与えられるほか、簿記検定合格も目指します。実践的教育を通じて社会で使える専門能力を磨きます。

ここから本文
「学びの特長」〜専門的な実務知識や技能を習得する〜
全国でもトップクラスの「実務教育」

プールの実務教育は全国でもトップクラスと評価されています。それは豊かな経験を持った優秀な教員によるビジネス直結の教育を展開しているからです。卒業後すぐに役立つ技能。プールの2年間でかならず身につきます。

ビジネス社会必須の知識を習得する

簿記やコンピュータ会計、税法など専門的な技能を学ぶとともに、ビジネス社会で役立つ幅広い知識の修得をめざします。その学び方は理論をベースに、実践的に学んでいく演習に多くの時間を割いています。

企業経営において活躍する人材を育てる

卒業時には「ビジネス実務士」の称号が与えられるほか、目標として簿記検定の合格をめざします。本コースからは企業の財務・経理部門、金融関係など、企業経営に関わるポジションで活躍できる人材育成が期待されています。

[2年間で語学力・実践力を身につける]
共通科目
基礎教育科目(最少必要単位5) 生涯学習基礎科目(最少必要単位7)
専門教育必修科目(最少必要単位24) 専門教育コース共通科目(最少必要単位8)
※コース共通科目の中で以下のようなユニットを設けています
英語コミュニケーション・ユニット科目 ホテル・エアライン関係・ユニット科目
+
ビジネス実務コース科目[最少必要単位8]
標準科目
    単位 履修年
ビジネス実務総論 必修 2 1年
ビジネス実務演習 必修 2 2年
簿記会計学中級 必修 2 1年
産業論 必修 2 1年
取得可能称号 ビジネス実務士
重点学習科目
    単位 履修年
簿記会計学上級 選択 2 1年
上級簿記A 選択 2 2年
上級簿記B 選択 2 2年
税法 選択 2 2年
取得目標の検定・資格 簿記検定(2・3級)
 何を学ぶか?
  • ビジネス実務
    マナーをはじめ、あらゆるビジネス実務の基礎を学びます。
  • 簿記会計学
    検定合格を視野に入れながら、実践的に学びます。
  • 情報メディア
    現代社会に欠かせない情報分野の知識修得に努めます。
  • 国際社会
    国際社会の仕組み、日本と他国の相互理解をめざします。
 何が身につくか?
  • ビジネス基礎能力
    文書作成、ワープロ・表計算ソフトの実務能力と社会人マナー。
  • 財務・経理の専門技能
    事務の幅広い知識、経営内容を簿記から読みとる力。
  • 情報の収集・分析・活用力
    情報社会の基礎知識と、情報を駆使したビジネス展開力。
  • 国際社会の理解
    国際社会に関する幅広い教養と、ビジネスの基礎知識。
 取得資格・称号 将来の進路は?
  • 取得できる称号
    上級秘書士、情報処理士、ビジネス実務士
  • おもな進路
    秘書、事務職、銀行・証券・保険など
    金融機関、ファイナンシャルプランナー財務・経理などの事務職など
  • 取得目標の称号と資格
    簿記検定(3級〜1級)、秘書検定、TOEICなど
  • 編入学
    法学部、商学部、経済学部・経営学部など
  • このページの先頭へ プール学院大学
就職先一覧 他校への編入学